初めてのロールスクリーンは品数が豊富な通販で!

素人でも手軽にできるおしゃれなウィンドウトリートメントがロールスクリーンです。
ロールスクリーンは間仕切りや目隠しとして利用するにも便利なアイテムです。
初めてのロールスクリーンを探している方には、種類もサイズも豊富な通販がおすすめです。

ロールスクリーンには高性能な商品が多い

カフェやショップの窓でよく見かけるのがロールスクリーンです。プレーンで場所をとらず、洗濯や掃除の必要もないので、店舗で利用するのにもっとも適したウィンドウトリートメントです。
必要がないときは、巻き上げておくとすっきり収納でき、空間に広がりを感じます。
遮光性や防炎性、遮音性など、機能性にすぐれた商品が多いのも、ロールスクリーンの大きな特徴のひとつです。
店舗では遮光性と防炎性が欠かせません。店舗で利用されることを想定している商品が多いため、ほとんどのロールスクリーンにこのような性能が備わっています。
ロールスクリーンは、店舗に限らず家庭で利用するにも便利なアイテムです。
通販で商品を探すと、自宅で使いたくなるおしゃれな商品もたくさんあります。

ロールスクリーンを使うのに適した場所は?

自宅でロールスクリーンを使うのに特別な決まりはありませんが、ロールスクリーンを使うと便利な場所はあります。
日差しが強い部屋や狭い部屋、火を使うキッチンなどです。
ひだのあるカーテンはボリュームがあり、狭い場所ではちょっとじゃまですよね。
火を使うキッチンでも、延焼を防ぐためにできれば避けたいですね。もちろん、高性能のカーテンもたくさんありますが、ロールスクリーンだと日中は巻き上げておけるので、場所をとらず、すっきりとした印象になります。
また、対面キッチンでは、狭いキッチンに勝手口が設けられている場合が少なくありません。夜間は落ち着かず、冬場は窓から冷たい冷気が感じられます。勝手口にロールスクリーンを掛けるだけで、キッチン空間が随分とおちついたものに変わります。
ロールスクリーンはサイズが合う商品を探すのが大変ですが、通販で探すとサイズも豊富で、オーダーにも気軽に対応してもらえます。

取付工事の手配もしてくれる

自宅にロールスクリーンを取り付けてみようと思ったとき、気になるのが取付工事ですよね。
カーテンならレールに下げるだけ簡単に交換できますが、ロールスクリーンは軸を壁面か天井に固定しなければいけません。
ロールスクリーンはけっこう重量があるので、大きなサイズだと自分で取り付けるは大変です。
たとえ小さなサイズでも、ビス止めなど多少の設置工事が必要です。DIYが苦手な方には憂鬱ですね。
通販でロールスクリーンを購入すると、取付工事を手配してくれるショップがたくさんあります。
多くの場合、エリアの指定があるので、購入する前に自宅が指定エリアに入っているかを確認しましょう。
取付工事は別料金ですが、自分で取り付ける苦労を考えると、リーズナブルな料金設定ですよ。