種類が豊富なロールスクリーン通販

ホームセンターやカーテン専門店へ行けば販売しているロールスクリーンですが、豊富な種類の中から選ぶなら通販が便利です。
目的や用途に合わせて選べるため、理想のロールスクリーンを設置できます。

希望に合うカーテンを選ぶ

部屋の模様替えや室内環境をアップさせるためにカーテンを見直しますが、設置する場所に合わせてカーテンを選ぶと、希望に沿ったイメージに仕上がります。
子供部屋には明るく可愛らしい雰囲気に、寝室には落ち着く色あいを持ってくることで、見た目にも精神面にも大きな変化を及ぼします。
日中は太陽光を室内に取り入れ、部屋を明るくするために束ねておくカーテンですが、この作業を毎日するのは億劫になる時もあります。
そんな時に便利なのがロールスクリーンであり、開閉がワンタッチで行えるため、手間が減り負担も軽減されます。
ロールスクリーンはホームセンターやカーテン専門店で販売されていますが、通販でも取り扱っているため、手軽に注文できます。

手軽にできる採寸と注文

通販でロールスクリーンを注文する場合、手元にメモを置いてサイズを正確に測る必要があります。
ロールスクリーンの操作タイプには、コードを真下に引っ張るプルコード式と、引いて使うチェーン式があるため、タイプを指定します。
次に生地を指定しますが、カラーや得られる効果は多様にあるため、慎重に見極める必要があります。
カラーには無地やシースルーがあり、得られる効果には遮熱や防炎、遮光があります。
ロールスクリーンの中には、ウォッシャブルに対応している物もあるため、自宅で簡単に洗う事ができます。
そしてサイズですが、採寸方法には天井付けと正面付けがあるため、取り付け予定の場所をよく見て判断します。
カーテンレールに取り付ける場合は、レール取り付けビスが必要になるため指定して注文します。

カーテンを取り付ける方法

通販でロールスクリーンを購入する場合、オーダー注文となりますが、繁忙期でなければ発送も早まります。
最短で即日、長くても3週間以内には発送されるため、時間に余裕が無い場合も安心です。
商品が到着したら中身を確認し、問題が無いか細部に至るまでチェックします。
問題が無ければ施工に入りますが、まずは設置予定の木部へ、ロールスクリーンを固定するためのブランケットを取り付けます。
ブランケットは曲がらないよう気を付け、なるべく一直線になるように取り付けます。
次にロールスクリーンを持ち、ブランケットのツメに引っ掛けてカチッと音がするまで押し上げます。
これでロールスクリーンの設置が完了したので、後はスムーズに開閉できるか確かめます。
上下に開け閉めを繰り返すロールスクリーンは、床下のホコリを舞い上げる心配がないため、部屋も清潔に保てます。